皇騎士ガンダム

 SDXシリーズに余裕が無いからキング二世の方から出たの? と以前書いたが、間に色々挟んだもののお蔵入りになる事無く発売されたキング二世となる前の皇騎士ガンダム。
 キング二世とフルアーマーが後半の姿だとするなら、すっぴんと剛の鎧はいわば前半の姿。未だに何で後半から出したのかイミフだが、無事発売されたのだから文句言うなってことで。

 兎も角、サクッと感想書こう。

SDX:皇騎士ガンダム01
 御馴染みの茶箱。

SDX:皇騎士ガンダム02
 箱表。第二章「流星の騎士団」での姿を模したデザイン。

SDX:皇騎士ガンダム03
 箱裏。いつも通りだけど、描き下ろしイラストがカードダスの別角度みたいになってる。

SDX:皇騎士ガンダム04
 ごそりと取り出し。最近では珍しく1段ブリスター。

SDX:皇騎士ガンダム05
 ドアラ比較正面。まぁ標準って感じ。

SDX:皇騎士ガンダム06
 ドアラ比較背面。マントの構造がキングと同じタイプの豪華仕様。

SDX:皇騎士ガンダム07
 視線パーツその1。

SDX:皇騎士ガンダム08
 視線パーツその2。

SDX:皇騎士ガンダム09
 視線パーツその3。

SDX:皇騎士ガンダム10
 視線パーツその4。つーかデフォ。
 以上最低限の四つ。にっこりが有るだけマシか。

SDX:皇騎士ガンダム11
 付属品一覧。剛の鎧をまとめた支援メカは元祖からの出典。
 さり気なく平手が二種類付属してたりするのが嬉しい所。

SDX:皇騎士ガンダム12
 という訳で、重装形態。
 裏に接続用の穴が有るからスタンドで浮かす事も可能。
 ジャベリンの持ち手側はエクスワイバリオンの剣と同じく外れやすい。

SDX:皇騎士ガンダム13
 今度は剛の鎧装着して正面。ボリューム自体に大差は無い。

SDX:皇騎士ガンダム14
 背面。マントを広げるとこうなるよという図。

SDX:皇騎士ガンダム15
 折角なのでカードダスを模したポーズ。

SDX:皇騎士ガンダム16
 ヴァトラスの剣は二本ついてくる。
 長い方は、第一章「ヴァトラスの剣」で持っていたのを表現するためかな。
 短い方は、当然第二章「流星の騎士団」でのポーズを再現するため。

SDX:皇騎士ガンダム17
 キング二世のヴァトラスの剣を並べれば三本に。
 短い方と長さは同じかな。長い方はキングキャリバー並。

SDX:皇騎士ガンダム18
 剛の鎧を引っ剝がしたのに、ジーアーマーという名らしい。
 まぁ元祖によく有るギミックと言えばギミックな軽装版。

SDX:皇騎士ガンダム19
 そして元祖に有ったギミックをそのままもってきた背負って合体。

SDX:皇騎士ガンダム20
 ラストは未来の自分と仲間をバックに。

■まとめ

 総評としては、まぁ堅実な出来映えと言った所。
 値段の割にギミックや重量感に乏しく、プレイバリューを感じにくい。
 一言で表するなら、安っぽい。
 同じ主役級のフルアーマーナイトや灼熱騎士、キャプテンなどと比べるとどうしてもいまいちな印象が強くなる。武器の構造(柄頭が外れるため手に持たせやすくなっている)やサポートメカの構造など、これまでのSDX(特にスペドラSRやエクスワイバリオン、アルガス騎士団など)で感じていた問題点に一応の改善策を施しているのは評価したい所だが……。
 それらを加味したとしても、やはりSDXの質は下がっていると言わざるを得ない。
 キング二世を含め、これでフルアーマー皇騎士が出れば全ての姿が揃うな! マジ期待してる! と書きたかったが、どうやらその期待も持てないみたいだなぁ。
 粗悪品という訳ではないし、買うなとは言わない。が、相応の思い入れが無いと後悔しそう。

関連記事

Slide to Top