武者頑駄無

 満を持して登場。SDガンダム外伝と双璧を成すSD戦国伝から、騎士ガンダムに比肩するネームバリューを持つ武者頑駄無が遂にSDXへ参戦だァア! という訳で、今回はSDガンダムをよく知らないガノタでも名前だけは知ってるという武者頑駄無。
 いや、もう本当に第一報を見た時はテンション鰻登りだったよ。当然即予約。
 これで騎士、コマンド、武者と当時隆盛を誇っていたSDガンダムの顔が全員SDXで揃った事になる訳だ。現代でその勢いを若干でも盛り返した三国伝からも既に劉備が出てる事を考えれば、あとはガンドランダーが出れば完璧だな! 出る訳ないだろ? ですよねー!
 このまま書いていくとSDガンダム語りで尺を食うのは必然。なのでサクッと感想書こう。

SDX:武者頑駄無01
 毎度御馴染み茶箱。

SDX:武者頑駄無02
 箱表。流石SDX初の戦国伝。和を推すねえ。

SDX:武者頑駄無03
 箱裏。鳥山劣サイン……だと……?

SDX:武者頑駄無04
 箱横。こっちが描き下ろしかな?

SDX:武者頑駄無05
 ごそり。1.5ブリスター。密度ぎっしり。

SDX:武者頑駄無06
 正面。他のSDXと比べると若干小柄? 小顔と感じる。

SDX:武者頑駄無07
 背面。BB戦士で初めて買った武者を思い出すなぁ。

SDX:武者頑駄無08
 最近では珍しくゴリッと動かしてもポロリが少ない。

SDX:武者頑駄無09
 視線パーツ。向かって左を見る。

SDX:武者頑駄無10
 視線パーツ。向かって右を見る。

SDX:武者頑駄無11
 視線パーツ。にっこり。
 若干ズレてるから、ハズレを引いたか。

SDX:武者頑駄無12
 視線パーツ。心眼感応。これも若干ズレてる。
 まぁ最近では珍しい標準含めて表情パーツ五つ付き。

SDX:武者頑駄無13
 家伝の力はちまき。映画ネタだな。F91と同時上映されたアレだ。

SDX:武者頑駄無14
 心眼感応。感応と書いてセンサーと読む。
 これは武者七人衆編と風林火山編の中間エピソード天地城落成式御前試合で出てきたアレ。
 この直後の剣戟で武者が信玄に精太が謙信になるあの天と地の合戦に発展する奴だ。
 ……リデコでSDX信玄とか出ないかな。武神降臨編でプラモ出ちゃってるから無理か?

SDX:武者頑駄無15
 薙刀装備。これは短い方。こっちでも頑張れば両手持ち行けそうだな。

SDX:武者頑駄無16
 薙刀装備。こっちは長い方。余裕で両手持ち出来るし見栄えするなー。

SDX:武者頑駄無17
 刀。銘は武久丸。装備の仕方から見るに打刀じゃなくて太刀なのかな?
 まぁ鎧姿なんだから当たり前か。一番最初のコミックワールドでは馬乗ってるし。
 しかし普通に抜刀ポーズ出来るのは、本当に凄いな。

SDX:武者頑駄無18
 ズバッと抜いてみる。刀身の長さも丁度良く、カッコいい。

SDX:武者頑駄無19
 飛鷹の盾。元祖版にあった装備。差し替え無しで完全変形。

SDX:武者頑駄無20
 種子島雷威銃。これでタネガシマライフルと読ませるのが武者クオリティ。
 明らかに火縄銃的なパーツが有るが、物によってはビーム撃ったりもする。

SDX:武者頑駄無21
 発射。火縄銃の意匠は可動。弾丸エフェクトも付けられる。

SDX:武者頑駄無22
 ひょうたんファンネル。背中にパーツ背負って装着。
 何で武者がファンネル持ってんだ? それは仁宇の専売特許じゃないの?
 と疑問に思ったので調べてみたら、ガシャポンウォーズっていうゲームが初出みたいだ。
 道理で当て字も無いし浮いてるなぁと思ったら後付けか……。

SDX:武者頑駄無23
 行け! ファンネル! 的な。
 弾丸エフェクトや移動バーニアのエフェクトと力入ってる。

SDX:武者頑駄無24
 ファンネルスタンドは飛鷹の盾が変形した鷹も飾れる。

SDX:武者頑駄無25
 イヤッッホォォォオオォオウ!(AA略)
 BB時代からのお約束。軽装形態。

SDX:武者頑駄無26
 BBにもあった鎧台座。SDXバージョンという事で大幅にパワーアップ。
 台座の裏にははちまきの結び目部分も収納可能。

SDX:武者頑駄無27
 台座背面。流石に替えの手や視線はしまう場所無し。

SDX:武者頑駄無28
 付属品一覧。少なく見えるけど、鎧台座に殆ど行ってるだけでかなりのボリューム。
 特に手の種類と視線の数が良いね。とても良いね。

SDX:武者頑駄無29
 フロントアーマーの裏に有る隠し大筒を展開。
 SDXのオリジナル「振留爆阿須斗」モード。これでフルバーストと読む。

SDX:武者頑駄無30
 ラストは遂に三人揃ったレジェンド達。ガンドランダーはよ!
 騎士が烈伝版なのはご愛嬌。本物は霞の鎧着て力の盾持って、スペドラの隣に居r

■まとめ

 総評としては、満を持して登場の武者。それに応えるだけのクオリティ。
 いやぁ、本当に久しぶりに「これは良い。とても良いSDXだな!」と言える逸品。

 細かい事言えばひょうたんファンネルは要らないなぁとか、その分ピース手が欲しいなぁとか、馬欲しいよねとか、旗欲しいよねとか、切りないんだけどそれは贅沢ってもんだ。
 そう自分を戒めるくらいには素晴らしい出来。余計なポロリも無く、若干左肩が緩い気がしたが許容範囲だし、何よりキツすぎて外れないような酷い調整をされている部分が無い。
 強いて書くなら、肩の大元のパーツが若干外れやすいかな? くらい。

 良い所は挙げればこれまた切りがない。皇騎士並みに軽いんだけど、それを感じさせないプレイバリューの多さが最も評価出来る点かなぁ。兎に角持ち手の豊富さと視線がデフォで五つあるのが素晴らしいね。あと何気なく良い味出してるのはBB時代から続投の鎧台座。
 動かしやすさはコマンドさんにも匹敵するかもしれない。

 SDXが初めてでも武者好きなら買っても損は無い。SDX何個か買ってる人なら尚更損は無い。
 久しぶりの、手放しでお勧め出来るSDXだよ。

関連記事

Slide to Top