時間は待ってはくれない

 にぎりしめても(以下略)

 時間の加速に年明けだの正月だのは関係無い。
 有象無象の区別無く、神父のスタンドは許しはしない。

 ……ああ、なんて言うのかな。時間の流れが早過ぎて錯乱中だよ。
 そりゃネタもごちゃ混ぜになるよ。

■ラクガキスレイヤー進捗

本当に終わるのかこのペースで。
本当に終わるのかこのペースで。
 ようやく七月分が終わりそう。
 正直なところ、想定より遅れてる。
 せめて八月くらいまでは現状で終えておきたかったんだが、終わってないのならば仕方が無い。犠牲にするものを増やすだけだ。

 慈悲は無い。滞納殺すべし!
 ……と、某復讐者の台詞に準えてみたものの、どうぶち殺すのかをもう少し具体的に考えないとどうにもならなそうだな。
 現時点では、一応アイディア出す時間を削るために、フォルダの肥やしになっていた妄想メモを下敷きにして、さらに描くものをキャラ単体に限定している感じだが……これでも足りないと認識すべきか。

 先に犠牲にするものを増やすだけだと書いたが、もう犠牲にするべき要素が無いという辺りも限界を感じさせるな……。
 まぁ、ラクガキそのものから出せる犠牲はもう無い。だが、その他の要素からならまだ行けるだろう。例えば、睡眠時間とか飯食う時間とかアニメ見る時間とかな。

 えっ? この雑記書く時間も犠牲に出来るだろ? ごもっとも。(震え声)

■ラクガキスレイには音が欠かせない

 作業中に流す音楽は基本的に、環境音かインスト、あるいは洋楽が多い。要するに言語として認識出来なければOKという奴。認識出来るタイプだと集中力が切れたタイミングが分かりやすい反面、集中力自体が切れやすくなる感じがして最近は作業BGMには採用してない。

 そんな中で最近のお気に入りはユタロメオ氏の悪魔城ドラキュラシリーズのアレンジメドレーとか、夜まで待てない貴族とか。元々悪魔城シリーズはBGMに定評が有るし、HDのサントラはそれだけのために会員登録して本気で買おうかと考えるくらいだったからね、そりゃ馴染むよ。

 あと、もう一つは聖剣伝説2のアレンジアルバム「シークレット・オブ・マナ」。
 アンビエントでプログレというまさにうってつけ。
 聖剣伝説2ならオリジナル版や「シークレット・オブ・マナ・ジェネシス」も良いんだけど、作業用BGMとして考えるなら、「シークレット・オブ・マナ」一番良い。流れが一番美しい。
 オリジナルとジェネシスに関してはiTunesストアにもあるから、そっちで買おうかなぁ。


関連記事

Slide to Top