草薙素子 S.A.C.ver.

 今回はみんな大好きメスゴリラこと少佐こと草薙素子。
 原典である攻殻機動隊はメディアミックスされる度にキャラの見た目や性格がちょっとずつ違い、彼女もその例に漏れない訳だが、今回はTVアニメシリーズ「STAND ALONE COMPLEX」からの出典。服装的には「S.A.C.」の中でも特に「2nd GIG」からって感じか。

 これまでガイノイドやら女サイボーグ系統は原作見てません、プレイしてません……というのが多かったけど、今回の少佐はシリーズ全部きっちり見てる。というか、大ファン。
 少佐はその扇情的な見た目からは考えられない程多層的な魅力を持ってるキャラというのも理解してるし、そこに魅かれる! あこがれるゥ! というのが俺のキャラに対する感想。
 つまり、いつもにましてキモさ増量、写真増量だよということ。
 何? 「それいつもじゃね?」だと? こやつめ! ハハハ
 という訳で、サクッと感想書こう。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.01
 御馴染みの箱表から。シックな色使い。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.02
 箱裏。文は少なくエクスクラメーションマークも無い。物静かな感じ。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.03
 ごそりと取り出す。とてもシンプル。
 T-elosを彷彿とさせる構成だけど、本体のシンプルさ故に際立つね。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.04
 本体取り出してみる。相変わらず塗装が綺麗だなぁ。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.05
 恒例のドアラと背比べ正面。
 まぁ普通。あるいはドロシー程でないにせよ小柄かも。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.06
 背面。スタンド用のジョイントは腰で、大きさも標準より細いタイプ。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.07
 ゴリッと動かす。
 持ってるfigmaの中で、こんなに綺麗に股割り開脚が出来るのは初だなぁ。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.08
 まだまだ動かす。縦方向にも開脚は十分。
 正座は流石に難しいけど立て膝くらいは余裕で出来る。
 つま先が動くのもいいね。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.09
 まだまだまだ動かす。
 胴体部分は胸と腰が動くので、かなり自由度高い。
 メティスなんかも二カ所はいってたけど、段違いに動くね。身体を捻るのも何のその。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.10
 付属品一覧。まぁシンプル。
 目を引くのは手。普通のfigmaとピンが逆になってる。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.11
 凛々しい通常顔。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.12
 前髪靡いて通常顔。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.13
 ぶち切れ叫び顔。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.14
 前髪靡いて叫び顔。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.15
 珍しい微笑み顔。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.16
 前髪靡く微笑み顔。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.17
 セブロM-5。架空のオートマチック。
 S.A.C.1stと2ndGIG通して少佐が使ってるやつ。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.18
 セブロC26A。架空のアサルトライフル。
 これも少佐がどうこうと言うよりも、9課の制式採用品。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.19
 C26Aはサプレッサーも付属。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.20
 ( ゚∀゚)o彡゜おっぱい! おっぱい!
 相転移砲という言い訳のあったKOS-MOSやT-elosと違って、こっちは本当に胸部を換装するだけ。まぁ一見何の為に存在するんだ? という風に見てしまうが……。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.21
 その役割は、こんな風に両手で銃を構える時用。
 脇を締めるんだから、おっぱいも寄るよね! 谷間も強調されるよね! という事らしいが……まぁ理屈は分かるけど、ぶっちゃけあんまり可動範囲変わらないんだよな。胸換装しても。
 いや、まぁそりゃ見た目は変わるけど……そんだけ? という気はする。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.22
 取り敢えず、少佐のぶち切れ叫び顔を見ると脳裏に響く田中敦子の「サイトォォォ! そいつをよこせェェ!!」というあの台詞。少佐が珍しくマジ切れしてるから印象深い。
 まぁあれは1stだし、服装も違うんだけど。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.23
 我が家にはサイトーさんも居ないし、アンチマテリアルライフルも無いので、エルノアさんから大型ライフルを拝借して無理矢理持たせてる。この際figmaでサイトーとか出ないかな。
 むしろ先にバトーさんとかタチコマとか欲しいよね。あと課長とk(以下略)
 つーかあのシーンだとアンチマテリアルライフルを立ったまま片腕で何発もぶっ放すという所業をやってたよな。流石メスゴリラ。やる事が違う。そこにシビれる! あこg(以下略)
 ネタっぽく書いてるが、あのシーンはその前のトグサや色々要素が複合してて、少佐がマジ切れするのも当然という要素てんこ盛りの熱いシーン。まぁ正直超カッコいいよね。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.24
 少佐本体は至ってシンプルなので軽い。
 スタンド使えば前傾姿勢なんかでも結構余裕で飾れる。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.25
 こんなアクロバティックな飾り方しても、結構保つ。
 流石に長時間はキツそうだけど、一日二日くらいなら行けそう。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.26
 軽い上に良く動く。つまりこんな格闘シーンも楽々出来る。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.27
 後ろ回し蹴りや飛び回し蹴りなんかもなんのその。
 ガイノイドやサイボーグ達と一緒に飾るつもりだけど、これだけ動かせるならキングカズマやラブマシーンなんかと一緒に格闘っぽいシーンを作って飾るのも良さそうだなー。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.28
 一緒に飾る予定の方々と。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.29
 ヨーゼフ乗ってご満悦。まぁこれもかなり無理矢理だけどな。
 この微笑み顔は24時間桜監視任務とかにも合いそうだ。

figma:草薙素子 S.A.C. ver.30
 ラストは本当に24時間桜見る訳じゃないよね? と疑問を呈するお嬢様と共に。

■まとめ

 総評としては、シンプルな傑作。

 正直な所、攻殻機動隊S.A.C.はかなり好きな方なので補正抜きに評価するのは難しいんだけど、シンプル故の良さを存分に体感出来る傑作といえば、まぁ間違ってはいないと思う。

 ギミックは殆どないし、おっぱいの形状変化というマニアックすぎんだろというものだけど、その辺をさっ引いても良い出来。銃器も各種専用の持ち手があるし十分に保持してくれるし、何よりその可動性。ドロッセルお嬢様も相当動く部類だったけど、それに匹敵するね。腕は流石に及ばないけど、胴体や足の表情付けは少佐の方が上だと感じるし。

 欠点は人に寄ってはシンプルすぎる、って部分だろうなー。
 あとは俺がハズレを引いたからか、持ち手と通常の前髪が少し外れ易かった。
 とはいえ、その程度。大した事じゃない。

 取り敢えず攻殻機動隊S.A.C.が好きな人は買って損は無い。
 初めてアクションフィギュア買うよ! という人にもドロッセルと同じくオススメ。

 次は是非とも他の9課メンバーも出して欲しいなぁ。

関連記事

Slide to Top