ガッツ 黒い剣士ver.

 ダークファンタジー漫画と言えば、十中八九名が挙がるであろう名作「ベルセルク」から主人公のガッツが登場。え? T-elosより先に出てるだろ? 積み過ぎて順番間違えたwwww
 実は特筆するようなベルセルクファンではないので、何故買ったのか自分でも不思議な部分がある。が、まぁデカい武器持った威容は細かい事抜きに魅かれるしね、しょうがないね。
 と言う訳で、若干色々薄め少なめだけどサクッと感想文書くよ。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.01
 なんか勢いで後発のT-elosさんから開けちゃったという不憫全開のガッツ。まずは箱から。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.02
 箱裏。まぁいつも通り。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.03
 ブリスターは2段。1.5段と言った方が正確かもね。薄い方はマントのみ。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.04
 取り敢えず色々装備させて、恒例のドアラ比較。設定通り大柄。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.05
 後ろ。マントが荒ぶりすぎてよくわからんね。
 正直、無理して布(紙?)にしなくて良かったんじゃないかなぁ。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.06
 動かしてみる。
 がっしりしてる分、あんまり胴体が動かない印象。肩もあまり前後にはスイング出来ない。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.07
 付属品一覧。まぁシンプル。
 やはり目を引くのは目玉でもある巨大な剣ことドラゴンころし。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.08
 それは剣というにはあまりにも大きすぎた。
 大きく、ぶ厚く、重く、そして大雑把すぎた。それはまさに鉄塊だった。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.09
 頑張れば両手持ちも出来る。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.10
 義手砲も勿論再現可能。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.11
 剣を背に負う時はこんな感じで引っ掛ける。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.12
 グリフィスはまだ開けてないので、似たような体格のラブマシーンさんと。

figma:ガッツ 黒い剣士ver.13
 最後は大剣と言えば恒例の肩担ぎ。早い所グリフィスも開けないとなー。

■まとめ

 総評としては、動かすfigmaというより見るfigma。
 いや動くよ。十分に動くけど、これまで触ってきたfigma(例えばロジャーやラブマシーン)に比べるとちょっと動かしにくいという印象。十分ではあるけど感激する程ではない。
 あとドラゴンころしは十分に存在感があるんだけど、他が無いと言うのはちょっとなぁ。
 最大のマイナスポイントはマント。これは正直どうかと思う。あまりにも安っぽい。
 存在感があるだけに惜しいなぁ。
 ドラゴンころしは色々応用が利くし、ディスプレイに凝る人には良いかもしれない。

関連記事

Slide to Top