アイギス

 今までのラインナップと比べると一線を越えた感のあるアイギス。
 所謂美少女フィギュアというものに片足を突っ込んでる感じ。
 出典は敢えて説明も必要ない「ペルソナ3」から。
 実はペルソナ……というかアトラスRPGは未経験(格ゲーを含むなら豪血寺一族で洗礼済)だったりするので、これまで出典元にある程度知識がある状態で書いてた感想文とは違う感じになるかも。興味だけは昔から有るので、その内にペルソナシリーズは遊んでみたいなぁ。
 まぁ、何はともあれサクサク感想を書いていこう。

figma:アイギス01
 お馴染み箱の前。

figma:アイギス02
 後。所謂、figmaの標準サイズ。

figma:アイギス03
 ごそごそと開ける。ちょっと暈けちゃったけど、内容物は非常にシンプル。

figma:アイギス04
 本体の接写。細かい塗装もしっかりしてる。

figma:アイギス05
 素立ち前。メカメカしい所と可愛らしい所が融合してる、素晴らしいデザイン。

figma:アイギス06
 後。明らかにスタンド無しでは直立出来ない足だけど、そこは専用の補助パーツでこの通り。
 とは言っても、接地性抜群! と言う訳ではないので立たせて飾るならスタンド必須かな。

figma:アイギス07
 可動範囲。相変わらずヌルッと動いてキチッと決まる。

figma:アイギス08
 ちょっとポーズ取らせるだけで見栄えする、というのは毎度毎度凄い。

figma:アイギス09
 付属パーツ。
 特に持ち物はないのに持ち手が有るので、他の物を持たせる事も可能。

figma:アイギス10
 取り敢えず、笑わせてみる。

figma:アイギス11
 名サポーティングプレーヤー・ドアラをロケットパンチで殴り飛ばす。

figma:アイギス12
 撃つべし。撃つべし。

figma:アイギス13
 表情も使いやすいなぁ。

figma:アイギス14
 ロケットパンチのインパクトが凄い。

figma:アイギス15
 坂本真綾ボイスで軍人口調ならば、これしかあるまい。

figma:アイギス16
 ということで、カズマさんにも並んで貰って鬼教官に敬礼。

figma:アイギス17
 今こそ、総攻撃であります! の図。シャドウは居ないので、代理はジャックさん。

figma:アイギス18
 飾る場所がないとか嘆いても、やっぱりディスプレイするのは楽しいもんだなぁ。

■まとめ

 総評としては、そりゃ再販されるわ。といった出来。
 可愛いも格好いいも出来るし、意外とコミカルな飾り方も出来る。
 生真面目故の面白おかしさみたいなのが自然と出せるのは、やっぱりペルソナ3のキャラクターデザインが良い仕事してるって証明なんだろうなぁ。
 飾るにはスタンド必須と言う部分も、別にいいやと思えるくらい。
 欠点としては、個体差がありそうだけど背中にスタンドピンが差しにくい所。
 ピンを削るか穴を広げるかしないと厳しいけど、やりすぎると今度は支えられないというね。
 まぁ接着剤で太らせられるので、ピンを削るのが良いかなぁ。

関連記事

Slide to Top