ドロッセル(チャーミング)

 ガイノイド萌えを標榜するのなら、避けては通れまい。
 と言うことで、ファイアボールチャーミングから出典。我らがドロッセルお嬢様が登場。まぁ、ぶっちゃけ無印版を物の見事に買い逃して後悔してたから、すかさず予約したよね。
 実は原作は無印を少し齧り見た程度なので、二期であるチャーミングはよく知らない。だがまぁ、その優れたデザインはよく分かる。見た目だけで購買意欲を掻き立ててくれた。
 毎度の事で今更だが、ガイノイドなのでテンション高めの写真も文も量多めで感想文書くよ。

figma:ドロッセル01
 お馴染み箱から。所謂大箱。
 KOS-MOSやキング・カズマとかラブマシーンなんかと同じ大きさ。

figma:ドロッセル02
 箱裏。ここはいつも通り。
 コメントはシシカbゲデヒトニスが喋ってるような感じ。

figma:ドロッセル03
 殆どの内容物は一段で収まってるけど、二段ブリスター。
 いや二段っていうか1.5段か。下段には一際目を惹く真っ赤なマント。

figma:ドロッセル04
 取り出してみる。真っ白なボディは触るのが憚られるなぁ。綺麗。

figma:ドロッセル05
 恒例のドアラと背比べ前。頭身は違うけどほぼ同じ大きさかな。

figma:ドロッセル06
 後。後ろから見るとお嬢様は随分と印象変わるな。
 こんなデザインの足だけど、自立補助パーツを使えば結構立てる。
 少なくともアイギスよりは自立させやすい。

figma:ドロッセル07
 ゴリッと動かす。他のfigmaより関節が一段多いような感じでモキモキ動く。
 上半身は腕が凄い。下手すると手で肩を触れる。

figma:ドロッセル08
 下半身も(俺が持ってる)他のfigmaには真似出来ないほぼ完璧な正座。
 膝を閉じるのが困難だけどこれだけ動けば大した物。

figma:ドロッセル09
 さり気なく頭でブリッジ自立出来る。+付属品一覧。
 ボリューム少ないように見えるけど、個々の質が凄まじく弄ってるとあまりそう感じない。
 因みに、今回いつものスタンドにクリップ式のオプションがついてる。
 つまり、お嬢様本体にスタンド用の穴が無い。

figma:ドロッセル10
 いきなりマント。所謂「とっておきのマント」。とても大きい。
 付け方は至ってシンプル。同じ様な首周りなら他の玩具にも転用出来るくらいに。

figma:ドロッセル11
 左右に針金(?)が入ってるので、有る程度自由に表情付け可能。
 とは言え、何か妙に大きいのでパッケージ裏みたいなポーズを付けるのは結構難しい。

figma:ドロッセル12
 お次はメインの頭部ユニット。換装は通常版を引っこ抜く事から始まる。

figma:ドロッセル13
 まずは、知覚ユニット「ペルディータ」。
 要するにメガネ。それにしてもトライバルパターンのプリントが凄まじい。
 因みに換装する際、耳パーツも換えるのだけど、これが最初はとても外しにくい。
 個体差かも知れないけど、気を付けると吉かも知れない。

figma:ドロッセル14
 お次は占星ユニット「シビュラ」。占星……ユニット……?
 呪術ユニットと言った方がしっくり来るデザイン。塗装もパターンもとても綺麗。
 後ろの羽根飾りも結構動かせる。

figma:ドロッセル15
 グラップユニット。要するに杖、か? 武器として飾っても良さそうな感じ。
 塗装のレベルも他と同様凄まじい。
 持ち手が少々緩いのか、あまり弄ると結構ぽろりと落ちる。

figma:ドロッセル16
 何か既視感を覚えるなー。と、思ったらメティスだ。
 色合いこそ正反対だけど、武器からシルエットに至るまでどことなく似てる。

figma:ドロッセル17
 バイザーは勿論上げ下げ可能。こんな所まで既視感か。

figma:ドロッセル18
 キング・カズマに対するケンジ、メティスに対するコロマルさん。的な存在。
 その名も自走書記「レジナルド」。このサイズでこの細かさは、素直に驚くわ。

figma:ドロッセル19
 勿論、劇中通りにパカリ可能。

figma:ドロッセル20
 他と絡ませてみる。その驚きの可動性でライダーキックも何のその。
 元々優れたデザインも相俟って、様になるなぁ。

figma:ドロッセル21
 クリップ式のスタンドは初めてだけど意外と保持してくれる。
 けど過信は禁物。長時間宙に浮かすのはオススメ出来ない。

figma:ドロッセル22
 要所要所にあるトライバルパターンやメーカーロゴのプリントには本当に頭が下がる。
 それくらい綺麗に仕上がってる。

figma:ドロッセル23
 (俺の中で)ガイノイドのお約束。流派東方不敗は王者の風。
 贔屓目無しに、ドロッセルお嬢様が一番様になってるね。
 流石カポエイr空手を習得してるだけある。素晴らしい。

figma:ドロッセル24
 ラストは殆ど人間なガイノイドに囲まれるメカメカしいガイノイドの図。
 可愛さでも出来の良さでも、ドロッセルお嬢様はこの中でもトップクラスだわ。
 いやもうホント無印版も欲しくなる。そしてゲデヒトニスも欲しくなる。

■まとめ

 総評としては、傑作。
 figmaはそんなに当たり外れが無いが、これは間違いなく傑作。
 figmaはどれも「よく動く、キレイ」だが、これは一段、下手したら二段くらい上。
 それくらい動くし、キレイだ。
 ガイノイド補正抜きにしても出来が良いので、手放しでオススメ。
 アクションフィギュア欲しいなら買っておいて間違いない。

関連記事

Slide to Top