キング・カズマ

 2009年の夏を席巻した「サマーウォーズ」から登場のキング・カズマ。
 劇中で言う所の前半の姿。
 個人的には後半より前半の方が好きなので嬉しい所。
 と言う訳で、サクサク感想を書いていくよ。

figma:キング・カズマ01
 お馴染み箱。表。

figma:キング・カズマ02
 裏。

figma:キング・カズマ03
 ごそごそ開けて。

figma:キング・カズマ04
 シンプルな割に2段ブリスター。

figma:キング・カズマ05
 素立ち。前。

figma:キング・カズマ06
 後。尻尾がチャームポイント。 

figma:キング・カズマ07
 その見た目通りグリグリ動く。

figma:キング・カズマ08
 自立性も良いのでスタンドが無くても十分。

figma:キング・カズマ09
 シンプルなオプションパーツ。問題はグローブのピン。
 これが結構厄介でスペアが二つ付いているけど、気を付けないとすぐ無くなりそう。

figma:キング・カズマ10
 オプションの域を超えている、劇中主人公の仮アバター。何とも覇気のない眼が良い感じ。

figma:キング・カズマ11
 ドアラ現る。

figma:キング・カズマ12
 跳び蹴りvs天地魔闘の構え。

figma:キング・カズマ13
 フェニックスウイング。

figma:キング・カズマ14
 カラミティエンド。

figma:キング・カズマ15
 カイザーフェニックスは無理なのでアパカッ。

figma:キング・カズマ16
 最後は背中に天という感じで。
 劇中通りアクションポーズがいちいち決まるなぁ。

figma:キング・カズマ17
 くにへ かえるんだな。 おまえにも かぞくが いるだろう…。

figma:キング・カズマ18
 NEXT CHALLENGER!! → TO BE CONTINUED

■まとめ

 総評としては、サマーウォーズ知らなくてもオススメ。
 アクションの決まり具合や、素直な挙動はアクションフィギュア入門にも良さそう。
 最大にして唯一の欠点は、グローブに存在する付け替えるピン。
 小さく無くしやすい上に外れやすく、付けるのが煩わしい。
 全てのオプションパーツに接着されていれば、完璧だったなぁ。

関連記事

Slide to Top