ラブマシーン

 キング・カズマに続いて登場、ラブマシーン。
 見た人には説明不要。見てない人は「サマーウォーズ」のキーキャラクターと思えばOK。
 劇中ではなかなかの暴れっぷりを見せた彼(?)が遂に立体化。
 いつも通り、サクサク感想文を書いていくよ。

figma:ラブマシーン01
 毎度お馴染み箱の前

figma:ラブマシーン02
 後。

figma:ラブマシーン03
 普通のfigmaと比べると値段が高いだけあってボリュームたっぷり。

figma:ラブマシーン04
 ブリスターも当然のように2段。

figma:ラブマシーン05
 素立ち前。

figma:ラブマシーン06
 後。凄まじくマッシヴ。

figma:ラブマシーン07
 特徴的な下半身は流石に他よりは可動域が劣っちゃうなぁ。

figma:ラブマシーン08
 まぁそれでも、これだけ広がれば充分とも言える。

figma:ラブマシーン09
 兎に角多いオプションパーツ。

figma:ラブマシーン10
 全部装備するとこの迫力。

figma:ラブマシーン11
 キング・カズマにも付いてきたオプションの域を超えた(主人公なのに)オマケの仮ケンジ。

figma:ラブマシーン12
 今回は殴られた状態での付属。色々遊べそう。

figma:ラブマシーン13
 VSキング・カズマ。

figma:ラブマシーン14
 劇中通りに、格闘シーンがバッチリ決まる。

figma:ラブマシーン15
 天地魔闘の構えはキング・カズマよりもラブマシーンの方が似合うね。

figma:ラブマシーン16
 手刀が有るというのもあるけど、ラスボスっぽい雰囲気に凄い合う。

figma:ラブマシーン17
 やっぱり相手がいると映えるなぁ。

figma:ラブマシーン18
 最後は乱戦。

■まとめ

 総評としては、可動に関しては少々劣るけど、キング・カズマとセット購入がオススメ。
 やはり互いに引き立つというのもあるし、単純にラスボスっぽい迫力も素晴らしい。
 殴られた状態の仮ケンジは他と絡ませても良い仕事をするので、そこも高ポイント。
 ちょっとした不満点として上げるとしたら、手首が少々すっぽ抜けやすい事。
 また値段の関係上、サマーウォーズを知らないで買うにはちょっとハードル高いかもなぁ。

関連記事

Slide to Top